コラム の記事一覧


かどる!コラムは、はかどるタイムが特に注目しているテーマについて掘り下げたお役立ち記事コーナーです。

アルバイトにも残業を頼むことは出来るの?残業を頼む際に参考にしておくべき法律と必要書類・規則!

はじめにアルバイトという用語が結構曖昧に使われているケースが多いようです。基本的にパートタイマーなどと差はありませんがイメージ的には若い学生さんと言ったイメージでしょうか。アルバイトの背景アルバイトといえども労働者ですので労働関係法の適用下にありま…

▲この記事を読む▲


採用する際に、必要書類ってどんなものがあるの?

さぁ、新たな会社に採用された。必要な書類をかき集めよう!様々な採用試験や選考をクリアし念願の採用通知書を受け取ったときは、これまでの苦労が実になった証拠です。さて、その会社に入社するために必要な書類を揃えようと行動を始めますが、実際になんの書類が必…

▲この記事を読む▲


外国人を雇う上でのリスクはあるの?また罰則は?トラブルはどのように対処すればいいの?

はじめに外国人の労働者の数が年々増え続けており、厚生労働省「外国人雇用状況の届出状況調査」では2014年には78.8万人となっています。それにともなって外国人労働者とのトラブルも多くなってきているのではないでしょうか?外国人労働者の要件外国人を労働者として…

▲この記事を読む▲


残業でも限度の時間はある?36協定と36協定を超えた上での労働の手続き!

はじめに原則1日8時間週40時間以内の労働時間を労働基準法36条に定められるいわゆる「36協定」を労使間で締結することにより延長することが認められています。しかし36協定は残業時間を無制限に延長する免罪符ではありません。時間外労働の限度労使間で36協定を結んで…

▲この記事を読む▲


正社員の雇用形態と様々な働き方と労働最長時間!

年々変わる働き方日本では労働基準法というものが制定されています。そこには最長労働時間が決められており、1947年のものでは1日8時間、週48時間が最長労働時間とされましたが、その後、1987年の労基法改正により、1日8時間、週40時間となりました。

労働時間の短…

▲この記事を読む▲


労働の時間制と変形期間!またそれに関わる導入要件

はじめに企業によって繁忙期、閑散期というものは必ずありそれに合わせた変形労働時間を採用している企業も多いです。またこの制度は労働側にとってもワークライフバランスを取る意味でメリットのある制度といえるでしょう。
変形労働時間導入の要件変形労働時は労基…

▲この記事を読む▲


残業は断れるものなの?断る正当な理由と断れないケースと断った場合の懲罰

残業できないから変えたはずが…育児と仕事の両立をするために、残業の多い正社員をやめて派遣社員やバイト、パートに切り替えるママさんも多くいます。

とはいえ繁忙期になるとどうしても残業を頼まれることが多々あることでしょう。

「定時に上がりたいから派遣…

▲この記事を読む▲


契約社員の契約期間は?また契約期間に例外はあるの?

はじめに有期雇用契約の社員はもちろん契約期間があり、そのことが社員にとっても会社にとっても大きな関心事だと思います。平成24(2012年)年8月10日公布の改正労働契約法では契約社員(パート、アルバイト、嘱託を含む)に比較的有利に改正されています。
無期雇用…

▲この記事を読む▲


アルバイトと契約社員で異なる!?違い一覧 

はじめに会社にはいろんな社員がいます正社員・アルバイト・パート・派遣社員・契約社員…。なぜこんなにいろんな立場の人がいるのでしょうか?

仕事量の季節変動や景気による変動お勤めの経験が何年かおありの方だと分かっておられると思いますが、仕事量には波があ…

▲この記事を読む▲


外国人を雇う上で絶対に知らなくてはいけない法律と必要書類と資格!

はじめに日本でも近年労働市場の国際化が進み外国籍の人と机を並べて仕事をするということが少しも珍しいことではなくなってきました。外国人を雇う際に知っていなければならない事項とはどういうものでしょうか?

外国人在留資格外国国籍の人は母国が発行したパス…

▲この記事を読む▲



Page 47 of 49« First...102030...4546474849