コラム の記事一覧


かどる!コラムは、はかどるタイムが特に注目しているテーマについて掘り下げたお役立ち記事コーナーです。

当日の欠勤連絡!タイミングと守るべきポイントは?

突然の体調不良・・・抑えたいポイントは?仕事を休むというのは、どのような仕事であれ気が引けるものですよね。

とはいえ、やむを得ない事情で休まざるを得ないこともあるでしょう。

風邪や突然の体調不良などで仕事を休まなくてはならない時、会社への連絡は…

▲この記事を読む▲


困った時の給料の前借り!その方法とは?

給料の前借りは可能か?友達の結婚式や不慮の事故、家賃の支払いなど、あらゆる出費が重なって、金銭的に苦しい、ということは誰にでもありますよね。

その時、残高からきちんと支払いができればよいですが、どうしても今は足りそうにない、そんな時に便利なのが給…

▲この記事を読む▲


継続雇用制度とは?メリットとデメリットについて

継続雇用制度とは?継続雇用制度とは、高齢者が老齢厚生年金の報酬比例部分(厚生年金保険に加入していた期間中の報酬、および加入期間に基づいて計算される部分のこと)について受給を始めるまでに必要な制度のことです。

会社により、制度の呼び方には再雇用制度…

▲この記事を読む▲


1分の遅刻で減給?これってアリ?

1、2分の遅刻で減給?お給料の明細を見てみたら、いつもより金額が少なく、お給料が減っている理由を思い出してみると、ほんの少し遅刻したということが思い当たったという人も中にはいるかもしれません。

「ほんの1、2分の遅刻くらしかした記憶がない」「あれくら…

▲この記事を読む▲


タバコやトイレ休憩してもいいの?休憩時間はこまめにとってもいいの?

休憩時間の定義は?労働基準法第34条では、6時間以上の労働であれば45分間、8時間以上の労働については1時間の休憩を与えることが明記されています。

労働基準法34条2項で、休憩時間は一斉に与える原則が書かれています。多くの会社では、45分~1時間の休憩をまとめ…

▲この記事を読む▲


有給休暇が減る?おかしいなと思ったら取るべき対策

有給休暇の付与条件有給休暇というのは、従業員がきちんと休養し、疲れを取って再び元気に働くことを目的とした制度です。

全労働日の8割以上出勤していれば、働き初めてから6ヶ月後から取得することができます。

もらえる日数は初年度に10日、1年と6ヶ月で11日…

▲この記事を読む▲


雇う側も雇われる側も!知っておくべき36(サブロク)協定とは?

36協定とは会社が人を雇って働いてもらう場合には、法定労働時間である1日8時間以上の労働をさせる場合には、あらかじめ協定を組んでおく必要があります。

これを「36(サブロク)協定」と呼びますが、理由は労働基準法36条にて規定されているためです。

働く人…

▲この記事を読む▲


管理職は残業代をもらえない?正しく理解したい労働基準法

管理職は本当に残業代がもらえないのか?職場で管理職に就くと、何かと仕事が増え、監督責任も出てきて非常に大変ですよね。

管理職というのは、周りをきちんと管理する仕事でもありますし、自分自身の立場や仕事量などをきちんと理解していないと、仕事とプライベ…

▲この記事を読む▲


外国人採用の前に必ず確認!重要なポイントとは?

外国人が働くには企業に外国人を雇う際、必ず必要となるのが在留資格の確認です。

外国人が日本に住むには在留資格が必要となるのですが、在留資格にも様々な種類があり、資格の内容によって働き方が変わってきます。

ビザと在留資格在留資格は日本に滞在する外…

▲この記事を読む▲


注意!未成年を採用する際に気をつけるべきこととは?

労働基準法による制限未成年者は労働基準法により保護されており、満20歳未満の場合はいくつかの制限があります。

高校生や大学生などの未成年者を雇う際は、トラブルを未然に防ぐためにも注意が必要です。

年齢制限労働基準法第56条では最低年齢が定められてお…

▲この記事を読む▲



Page 20 of 42« First...10...1819202122...3040...Last »