有意義な時間を増やしたい
ビジネスを加速させたい
自分の価値を高めたい

What’s ”はかどるタイム” ?

インターネットの登場、スマートフォンなどのデバイスの普及、クラウドコンピューティングの台頭、また最近ではロボット、AI(人工知能)と、続々と新しい革新的な技術が生まれ、その勢いは留まるところを知りません。それに合わせて労働市場における私たち自身の価値、立ち位置・あり方も大きく変わりつつあります。私たちがこれからむかえる働き方改革の世の中では、最新の技術を取り入れて業務効率化を図ることで、無駄な長時間労働の抑制が進むことが予想されます。仕事以外の時間を多く持つことができるようになり、充実した余暇を過ごせるようになる一方、その「効率化をもたらした技術」によって取って代わられてしまう仕事も大量に発生することでしょう。働き方改革のメリットを最大限に享受しながら、機械や技術に取って代わられることのない付加価値の高い人材を目指すために、はかどるタイムは働き方改革の事例や未来の自分を切り開くことにつながる新しい情報をピックアップしてお届けします。はかどるタイムを毎日チェックしてくれたユーザーが近い未来に「働き方改革の先端を走る人材」となっていくことを願っています。

インターネットの登場、スマートフォンなどのデバイスの普及、クラウドコンピューティングの台頭、また最近ではロボット、AI(人工知能)と、続々と新しい革新的な技術が生まれ、その勢いは留まるところを知りません。それに合わせて労働市場における私たち自身の価値、立ち位置・あり方も大きく変わりつつあります。私たちがこれからむかえる働き方改革の世の中では、最新の技術を取り入れて業務効率化を図ることで、無駄な長時間労働の抑制が進むことが予想されます。仕事以外の時間を多く持つことができるようになり、充実した余暇を過ごせるようになる一方、その「効率化をもたらした技術」によって取って代わられてしまう仕事も大量に発生することでしょう。働き方改革のメリットを最大限に享受しながら、機械や技術に取って代わられることのない付加価値の高い人材を目指すために、はかどるタイムは働き方改革の事例や未来の自分を切り開くことにつながる新しい情報をピックアップしてお届けします。はかどるタイムを毎日チェックしてくれたユーザーが近い未来に「働き方改革の先端を走る人材」となっていくことを願っています。

最新の記事
障がいのある従業員が発行。地域新聞社の社内報「さつまいも通信」、3年目に突入
石藤明人

By / 業界動向
2019. 01.16 06:00

障がいのある従業員が発行。地域新聞社の社内報「さつまいも通信」、3年目に突入

障がい者雇用への理解促進を目的として 株式会社地域新聞社は、2019年1月10日、障がいのある従業員が作る同社の社内報『さつまいも通信』について、発行が3年目に突入したと発表した。 同社は、関東1都4県にて毎週約300万部のフリーペーパーを発行している企業。『さつまいも通信』は、ADHDの特性がある同社従業員が、障がい者雇用への理解促進を目的として、2016年10月より毎月発行している。 仲間に同じ苦労をしてほしくない 『さつまいも通...

>>続きを見る




おすすめのツール