調査・データ の記事一覧


き方に関する新たな調査データなど、時代の流れや推移、これから働き方改革がもたらす未来なども、数値に基づく記事から見えてきます。

学情が「プレエントリー・選考参加」について調査を実施

プレエントリーしたい企業数は「11~20社」が最多株式会社学情が1月30日から2月7日にかけ、2025年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に、「プレエントリー・選考参加」について調査を実施。その結果を2月15日に発表した。

同調査で『就職活動で、何社ほど…

▲この記事を読む▲


建設2024年問題、今後の懸念は人手不足と若手の採用

建設2024年問題の捉え方調査野原グループ株式会社の展開するメディア・BuildApp News(ビルドアップニュース)は建設業界従事者1,000人に調査を実施し「建設2024年問題の捉え方」をまとめ2024年2月19日に発表した。

法改正で悪化すると思うものは?2024年4月から施…

▲この記事を読む▲


就活生の8割以上は入社後の「ミスマッチ」に不安、学生が重視している項目は?

就職先のミスマッチについての調査株式会社学情は、2025年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に就職活動の「ミスマッチ」についてアンケートを行い、結果を2024年2月16日に発表した。就職先のミスマッチについて不安があると回答した学生が8割以上となった。…

▲この記事を読む▲


学情が「多様な人材の活躍」に関する調査を実施

多様な人材活躍の取り組み1位「有給休暇取得の奨励」人事担当者のためのポータルサイト「人事の図書館」を運営する株式会社学情が、1月22日から1月31日にかけて、企業・団体の人事担当者を対象に「多様な人材の活躍」に関する調査を実施。その結果を2月14日に発表して…

▲この記事を読む▲


カルチャリアが「従業員幸福度の向上施策の実態調査」を実施

取り組む施策1位は「透明性のある情報共有を行うこと」株式会社カルチャリアが2023年12月1日から12月4日にかけ、従業員幸福度の向上に取り組んでいる中小企業(従業員数100人以上から300人未満)の経営者・役員106人を対象として、「従業員幸福度の向上施策の実態調査…

▲この記事を読む▲


HUSTARが人事担当に対して「英検は就職に有利であったか」について調査

64%の人事担当者が英検を取っている就活生に好印象HUSTAR.incが、難関大に逆転合格できる逆転合格専門塾が運営する『スタディチェーン』編集部において、2月1日から2月6日にかけ、人事担当者100人を対象に「英検は就職に有利であったか」についてインターネット調査を…

▲この記事を読む▲


HUSTARが人事担当に対して「留学経験は就活に有利なのか」について調査

93%の人事担当者が「留学経験があると有利」と回答HUSTAR.incが、難関大に逆転合格できる逆転合格専門塾が運営する『スタディチェーン』編集部において、2月1日から2月8日にかけ、人事担当者100人を対象に「留学経験は就活に有利なのか」についてインターネット調査を…

▲この記事を読む▲


SIGNATEが「大企業のビジネスアーキテクトに関する意識調査」を実施

DX人材の育成で注力、1位は「ビジネスアーキテクト」株式会社SIGNATEが、2023年11月16日から12月1日(事前調査)、同年11月29日から12月2日(本調査)にかけて、「大企業のビジネスアーキテクトに関する意識調査」を実施。その結果を2024年2月9日に発表した。

まず…

▲この記事を読む▲


健康経営に取り組んでいる企業は約6割、強化したい対策はストレスチェックが約7割

健康経営についての調査総務専門誌を発行する株式会社月刊総務は、「健康経営についての調査」を行い、全国の総務担当者244名の回答をまとめ2024年2月7日に発表した。8割以上が健康経営が業績向上につながると回答している。

メリットは「社員の働きやすい環境」調…

▲この記事を読む▲



Page 2 of 11412345...102030...Last »