調査・データ の記事一覧


き方に関する新たな調査データなど、時代の流れや推移、これから働き方改革がもたらす未来なども、数値に基づく記事から見えてきます。

リクルートの就職みらい研究所、2023年卒の9月時点の内定率などを発表

2023年卒の大学生・大学院生7628人が回答株式会社リクルートは、同社運営の研究機関・就職みらい研究所にて「就職プロセス調査」を実施し、その結果概要を2022年9月9日に発表した。

就職みらい研究所は、より良い就職・採用の在り方を追究している研究機関。今回の…

▲この記事を読む▲


実は従業員にもメリットがある?「監視ツール」活用の意外な実態とは

先入観をくつがえす「監視ツール」の役割株式会社テレワークマネジメントは、ハイブリッドワーク対応の時間管理ツール「F-Chair+(エフチェアプラス)」のユーザーに「監視系ツール」についてアンケートを実施し、結果を2022年9月8日に発表した。

ツールを導入して…

▲この記事を読む▲


自社の勤怠管理は6割がデジタル化、使っているツールは?

勤怠管理ツールに関する調査株式会社モニタスは、2022年9月1日に「勤怠管理ツールに関する調査」結果を発表した。コロナ禍により働き方とともに業務ツールもどのように変化しているかを調査したもので、その中で「勤怠管理」に着目している。

6割以上が勤怠管理ツー…

▲この記事を読む▲


個人選択型HRMを導入すると個人の選択感に影響はあるのか

仕事、働き方、キャリア機会を与える個人選択型HRM株式会社リクルートマネジメントソリューションズの組織行動研究所は、若手・中堅の会社勤務正社員991人を対象に「個人選択型HRMと個人選択感に関する意識調査」を実施し、その結果を2022年8月29日に発表した。

個…

▲この記事を読む▲


「エン転職」、「面接官の態度・印象」が転職意欲に与える影響を調査

『エン転職』ユーザー10305名より有効回答を得たエン・ジャパン株式会社は、同社運営サイト『エン転職』上にて「企業・面接官対応の応募者への影響」に関するアンケートを実施し、その結果概要を2022年8月19日に発表した。

『エン転職』は、1000万人以上の会員を擁…

▲この記事を読む▲


副業を認めている企業は約半数、これからの副業推進と労務管理の課題とは

副業を認めている企業は43.0%株式会社Works Human Intelligenceは、統合人事システム「COMPANY」より大手65法人を対象に副業推進の実態について調査し、2022年8月16日に結果を発表した。

調査によると、従業員の副業を認めている企業は43.0%、準備中が6.0%だ。認…

▲この記事を読む▲


導入している勤怠管理システムは「タイムカード」が3割以上

「勤怠管理システム」調査株式会社クリエイティブバンクは、「勤怠管理システム」に関するアンケート調査を行い、2022年8月5日にその結果を発表した。

タイムカード・32.9%同調査は、会社員・役員1,101名を対象に行っている。勤務先で実施している勤怠管理は、「タ…

▲この記事を読む▲


「トルー」のダトラ、採用サイトのメリットに関する実態調査を実施

採用サイトを自社運用している企業の担当者が対象株式会社ダトラは、採用サイトのメリットに関する実態調査を実施し、その結果概要を2022年8月5日に発表した。

同社は、採用支援サービス『トルー』を提供している企業。今回の調査は、採用サイトを自社で作成・運用…

▲この記事を読む▲


変化するビジネス環境を管理部門視点で調査・テレワークとDX化推進状況

最新テレワーク・DX推進に関する実態株式会社MS-Japanは、ビジネスメディアManegy(マネジー)において、管理部門の最新テレワーク・DX推進に関する実態調査の結果を2022年8月2日に発表した。

勤務先がコロナ禍や改正電子帳簿保存法、インボイス制度などの変化に対…

▲この記事を読む▲


ビズメイツ、外国籍ITエンジニアの採用に関する実態調査を実施

SaaS企業の採用担当者が対象ビズメイツ株式会社は、外国籍ITエンジニアの採用に関する実態調査を実施し、その結果概要を2022年7月28日に発表した。

同社は、外国籍ITエンジニア特化型の採用サービス『GitTap』の運営などを手がける企業。今回の調査は、外国籍ITエン…

▲この記事を読む▲



Page 4 of 95« First...23456...102030...Last »