コラム の記事一覧


かどる!コラムは、はかどるタイムが特に注目しているテーマについて掘り下げたお役立ち記事コーナーです。

ペーパーレス化に再注目!オフィス改革

3度目の正直“ペーパーレス”「ペーパーレス」というキーワードは、70年代から何度となく企業や国の政策として遡上にのぼりましたが、成功している例はほとんど皆無と言ってよいでしょう。

ペーパーレスが叫ばれるのは、コンピュータやIT技術の発展、オフィスにおける…

▲この記事を読む▲


2019年4月「働き方改革」、高度プロフェッショナル制度とは

高度プロフェッショナル制度高度プロフェッショナル制度は、労働の価値を時間と切り離して管理する考え方です。現代の企業の従業員は、管理職と非管理職で構成されていますが、非管理職の人は基本的に時間という軸で給与をもらっています。

また、管理職は残業手当…

▲この記事を読む▲


2019年4月「働き方改革」、年次有給休暇の取得義務化とは

労働基準法の改正2019年4月1日から有給休暇の取得が義務化されます。国の働き方改革の一環として、労働基準法が改正され、全ての企業を対象にして、年10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対して、年次有給休暇のうち、年5日は使用者が時季を指定して、取得させ…

▲この記事を読む▲


プレミアムフライデー制度導入後の影響は?

プレミアムフライデーとは?今では死語と言われますが、金曜日は以前「花金」と呼ばれ、休日前の仕事終わりに羽を伸ばす人が多くいました。花金が流行った当時はバブル時代ということもあり、経済的にも精神的にも余裕があった時代でした。

花金が持て囃された時代…

▲この記事を読む▲


時間や場所にとらわれない「テレワーク」

テレワークという労働形態について知ろう働き方の多様化で、仕事をするために職場に行かなければならないという時代ではなくなりつつあります。ずっと家にいるように見える人でも働いていないのではなく、テレワークという労働形態で働いている可能性があります。

I…

▲この記事を読む▲


多様な働き方を採用する「スマートワーク」

スマートワークという働き方働き方に注目が集まる一方で、日本は度々メディアに取り上げられる程先進国の中でも労働の生産性が低いことで知られています。

長時間労働によって心身が疲弊したり、仕事の意義が見出せずやる気がないまま取り組んだりするのは仕事の効…

▲この記事を読む▲


効率的な働き方へ向けて、3つの意味が込められた「カエル会議」の導入を

現状から抜け出し、チームでなりたい姿を目指す「カエル会議」株式会社ワーク・ライフバランスのワーク・ライフバランスコンサルタントである村上 健太氏が、株式会社USEN「オフィスBGM」のウェブサイトにおいて、“経営戦略としてのワーク・ライフバランス”というテー…

▲この記事を読む▲


組織で優れた業績を残しつつ子育てなどもする「イクボス」の増加

「イクボス養成塾」でワードが誕生 認知拡大への動き共に働く部下・スタッフのワークライフバランス(仕事と生活の両立=WLB)を考え、私生活や社会活動といったことを満喫している上司(経営者・管理職)を、「イクボス」と呼び、認知度とともにその数も増加してきて…

▲この記事を読む▲


「ワーク・ライフ・バランス」で仕事も私生活も充実させる

「ワーク・ライフ・バランス」が働き方改革を促進させる日本社会は、正規雇用と非正規雇用における働き方の二極化、共働き世帯の肉体的・精神的負担増加はじめ、仕事と生活(育児・介護、家事など)が両立しにくい現実に直面しています。

その結果、結婚・出産などの…

▲この記事を読む▲


日勤だけが仕事じゃない!夜中に働ける「夜勤」で稼ごう

人手不足のご時世で、夜勤の仕事は意外と多い朝が苦手な人ほど、「出勤時間がもう少し遅ければいいのに」と考えることはありませんか。現代は、24時間常に動いている社会であることから、日中の仕事だけに的を絞らず、夜勤を選ぶのも一つの方法です。

夜勤であれば…

▲この記事を読む▲



Page 3 of 3812345...102030...Last »