アデコ、派遣社員同士のコミュニティ活動「アデコミュ」を大阪でも開始

2018.11.29
派遣社員同士がオフラインで交流

アデコ株式会社は、2018年11月27日、同社の派遣社員同士が互いに交流し情報交換を行うコミュニティ活動『アデコミュ』を、大阪でも開始すると発表した。

同社は、世界最大を自負する人材サービス企業・アデコグループの日本法人。『アデコミュ』は、2016年から首都圏を中心として展開されているものであり、派遣社員同士がオフラインで交流する機会を提供している。

豊かなワークライフを送ることが目的

『アデコミュ』は、「仕事」「趣味」「ボランティア」などの分野において、派遣社員が自らイベントを企画実施する活動。立候補者からなる「アンバサダー」という世話役が中心となって、共に学び、楽しみ、刺激を受けることで、豊かなワークライフを送ることを目的としている。

同活動は現在、34ものコミュニティを持ち、参加人数は約2000名となるまでに成長した。大阪でも活動を開始することで、関西圏の派遣社員へ情報交換や交流の場を提供し、仕事だけではない充実した人生の実現を支援すると、アデコは考えている。

人財サービスのグローバルリーダーとして

アデコは、コンサルテーションを通じて働く全ての人々のキャリア形成を支援すると同時に、人財派遣・人財紹介・アウトソーシングなど企業の業務を最適化するソリューションを提供している。また、より働きがいを感じられる社会の実現を目指して、サービス強化にも取り組んでいる。

同社は今後も、人財サービスのグローバルリーダーとして、働く人々をサポートすると共に、企業の業績向上へも寄与するとしている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

アデコミュ(アデココミュニティ)で、私たちはもっと輝く。 – アデコ株式会社
https://haken.adecco.co.jp/campaign/adeccomyu/

アデコ、派遣社員のコミュニティ活動「アデコミュ」を大阪でも開始 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/

記事をシェアする

石藤明人
石藤明人